遅い回線は卒業してNURO光へ乗り換えよう

快適なインターネットライフの条件は、ネットサーフィンや動画視聴などが止まらずにサクサクと動くことです。
急に調べたいことがあるのに回線が遅いと本気でイライラしてしまいます。回線が遅い上料金が高いと割が合わないです。
快適なインターネット回線とリーズナブルな料金を求めるならソニーグループが運営するNURO光へ乗り換えることをお勧めします。
NURO光のメリットは、下り最大2Gbpsという速さを実現しているということ。他にもメリットはいくつかありますけど、やっぱりNURO光と言ったらこれですね。
今まで遅かった回線もこれほどの速さになれば、家中どこにいてもネットサーフィンや動画をサクサクと楽しむことができます。
それに料金もプロバイダ料金と回線使用料がセットになっているので、わざわざプロバイダ会社を探す手間や料金が上がることは一切ないです。
料金においてもリーズナブルな価格で頑張っているので、それなりの料金でネット回線が遅いと悩んでいる世帯にはお勧めの回線です。
ただ、提供エリアが東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・群馬・茨城の一部になっているので、ホームページ上で対象エリアかどうか確認することが大事です。
もし現時点で対応していなかっとしても、現在ソネットは急ピッチで対象エリアの拡大を進めているので、興味があるなら定期的に自宅エリアが対応かどうかを確認すると良いでしょう。
ちなみに我が家も最初見たときは提供エリア外だったのですが、2ヶ月後くらいにまたチェックしてみたら、いつの間にか対応エリアになっていました。(もちろんその後はすぐに乗り換えましたw)
これだけリーズナブルな価格で速い回線には何か秘密があるという意見もありますが、NTT東日本の光ファイバーを利用しているので、この速さと安定した供給が実現できています。専門用語だとダークファイバーですね。
また、NURO光の凄い所はネットだけではなく、電話代をさらに安くできるところです。
ソフトバンクグループが提供しているBBフォンやホワイトコール24やおうち割 光セットにも割引が適用されるので、通常よりもお得に電話を掛けることができます。
現在NTTの電話回線を利用している世帯も、お申し込みをするだけで電話機と電話番号をそのまま利用できます。
現在使用しているネット回線が心なしか遅い、ネットと電話料金が高いとお悩みの方は、NURO光のフリーダイヤルまたはネットから質疑応答ができるチャットをご利用いただくと疑問点を全て解決できます。

料金の安さで選ぶならNURO光がオススメ

インターネットを使用するには、ネット回線をつなぎプロバイダーに申し込む必要があります。
その回線のひとつがNURO光です。ネット回線にも様々な種類がありますが、NURO光は光回線と呼ばれる部類に入ります。
そもそも、光回線とは光ファイバーケーブルを使った回線のことで、従来のものよりも通信速度が速いことが特徴に上げあれます。
さらに、容量が大きくなると通信速度が遅れることがよくありましたが、光回線では大容量のデータもスムーズに送ることが可能になりました。
光回線が出始めたころは、料金が高く手を出しにくい商品でしたが現在は光回線が主流になりつつあり料金も下がる傾向にあります。
NURO光は、様々な光回線の中でも料金が安くなっています。本来は、回線とは別にプロバイダーにも使用料を払わなければいけません。
しかし、NURO光は運営会社がプロバイダー業者なので光回線とプロバイダー料金込みの値段で契約できるのでお得になっています。
また、加入キャンペーンの実施期間に契約すればさらにお得なサービスが受けられるでしょう。今ならちょうどソネットの公式キャンペーンでキャッシュバック3万円がプレゼントされるので、乗り換えのタイミングが重なるならこの時期に思い切って契約しちゃうのも手だと思います。
キャッシュバック以外にもPS4が選べるキャンペーンもあるので、ゲームが好きな人はそちらで申し込むのも良いですね。
ちなみに私はこの3万円キャッシュバックキャンペーンを利用してNURO光に乗り換えました。(そこまでゲームはやらないので・・・)
光回線を繋ぐには、家の中に引き込む工事が必要になりますが賃貸住宅に住んでいる人には難しいことです。
しかし、この会社では無線ランによる接続も行っているので引き込み工事を行わなくても光回線に繋ぐことができます。また、無線ランの機械もレンタルできるので自分で買いに行く必要もありません。
料金が安くなっているとはいえ、いまだに電話回線を使ったものなど既存の回線のほうが安いことに変わりはありません。
動画を頻繁に視聴する人や音楽のダウンロードを行うひとなどインターネットの使用頻度が高い人には光回線がおすすめです。
ただし、NURO光は現在関東近県でしか取り扱っていませんので、全国すべてのひとが利用できるわけではないので今後の全国展開に期待するしかないです。
メリットもあれば当然デメリットもあります。両方を検討したうえでどれが自分にとって最適なのか考えてみてください。